若い人に大人気!シェアハウスを経営しよう

賃貸経営で収益を上げる

一軒家

必ず成功させるには

資産運用方法の一つに、投資した不動産を賃貸して賃料収入を稼ぐという方法があります。売買差益で儲けられる時代ではなくなったため、現在の不動産投資は賃貸経営が主流になっています。ただし、誰も借り手がついてくれなければ、賃料収入を得ることができません。ずっと借り手が決まらない場合、賃料は1円も入ってこないのに維持管理費だけは出ていくことになるため、大赤字になってしまう可能性があります。これを一般的に賃貸経営の空室リスクと呼んでいますが、空室リスクが怖いからという理由で賃貸経営に挑戦することができずにいる人が少なくありません。しかし、サブリース方式を利用すれば、空室リスクを気にする必要がなくなります。サブリースは、家主が物件を一括で業者に賃貸し、その業者が第三者である入居者に個別に物件を転貸しする仕組みのことです。実際に入居者がいるかどうかに関係なく家主には一定の賃料が必ず入ってくる仕組みになっているため、サブリースを利用する人が増えています。

利用するメリット

サブリースを利用するメリットは、空室リスクを気にする必要がなくなることだけに限られているわけではありません。それ以外に、賃貸経営そのものを専門業者に任せてしまえるというメリットがあります。入居者を募集する業務はもちろんのこと、入居審査や契約関係の諸手続き、日常的な管理業務、クレーム対応、退去後の原状回復工事の手配まで全て業者がやってくれるので、家主はほとんど何もすることがありません。言い方を変えると、資金を出して実際の経営は業者に任せる仕組みであるため、賃貸経営に関する専門知識を持っていない人でも気軽にトライすることができます。いくら潤沢な資金を持っていても、その運用方法がマズくては収益を上げることなどできません。しかし、サブリースの場合は一番肝心な運用自体をプロに任せてしまうことができるので、投資初心者でも確実に利益を得ることができます。