若い人に大人気!シェアハウスを経営しよう

不動産投資の魅力

電卓

賃貸経営を安心して行う

不動産投資が注目を集めています。資産効率がたいへんよく、しかも投資が軌道に乗ってくると特に自分が手間をかけることなく安定して収益を享受することができるため、不労所得を得られる投資手法として人気が高まっています。しかし、もちろんリスクがないというわけではなく、必ずしも成功するとは限りません。最も大きなリスクといえば、入居者を確保できず、収益が安定しないことです。とにかく収益を上げるためには、安定して入居者を確保することが最も大事ですが、これを維持することは結構難しいです。そこで注目されている手法が、家賃保証制度です。家賃保証制度とは、不動産業者が物件を借り上げて、家主は入居者の有無にかかわりなく収益を享受することができるという仕組みです。

サブリースの魅力

家賃保証は、サブリースともいわれます。サブリースのサービスを提供する不動産業者は結構たくさんありますが、実際に家賃保証制度を運用する際には、不動産業者を十分比較して、信頼のおける業者に委託をすることをお勧めします。サブリースをする際には、実際に入居者から獲得している家賃から、不動産業者に手数料相当金額を支払った残りの金額を享受するということになります。この金額は通常一定ですが、業者の中にはいつの間にかこの手数料相当額を高く設定して、収益が減少してしまうというケースもあります。また、実際の物件管理をすべて任せることになりますが、例えば間取りの変更等を勝手に業者の本位で行なってしまうようなこともトラブルの要因になっています。